終身型保険とは?保険のビュッフェに聞きたい、特徴と加入のメリット・デメリット

終身型は一生涯変わらない保険料

終身型保険の特徴は、満期まで保険料を払い終えると保障が一生涯続くことです。保険料は一生涯変わらないので、定期型保険と比べて若い時の保険料が高くなります。払込期間が短いほど、トータルの保険料は下がる傾向にあって、たいていの場合、解約返戻金がありますので、貯蓄の代わりともなります。

保険料の払込期間は、60歳満了、65歳満了、一生涯などから選ぶことができます。支払い方法も、月払い、年払い、一括などの種類があります。月払いよりも年払い、年払いよりも一括の方が保険料はお得になります。加入を考えるうえで、保険のビュッフェで、自分が払える保険料の額など、よく相談しておくことが大事です。

 

相談でメリットとデメリットを早めに理解

終身型保険のメリットは、やはり保険料が加入時のまま変わらないという点です。定期型保険のように更新時に値上げされることはなく、保障もずっと続きます。ただ、死ぬまでの医療保障が約束されているかわりに、保険料を払い続けなければなりません。

そこで、60歳や65歳までの払込プランを利用して、生涯の保険料を指定の年齢までに払い終えるというふうにします。年数を区切ったぶん保険料は上がりますが、払い終えたあとも保障は残ります。自分にとってベストの払込期間とトータルの保険料など、保険のビュッフェへの相談で早い段階で把握できるようになります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です